元本確保で100%再現できる利回り15%の投資

えっ?!元本確保で100%再現できる利回り15%の投資?!

最近、個人型確定拠出年金(イデコ=iDeCo)といった言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、どのようなものなのか、またメリットなどもわかりづらいですよね。そんなプロモーションがあまりうまくない厚生労働省の代わりに一言でメリットを申し上げますと。
イデコは「元本確保を100%再現できる利回り15%の投資」です。

「このご時世にそんなうまい話があるのか?」と思われるかもしれませんが、そのからくりはイデコの掛け金を「課税所得」から差し引くことができる点にあります。課税所得にかかる税率は最低税率であったとしても15%(所得税5%、住民税10%)になるため、仮に10万円の掛け金を支払ったとすると課税所得から10万円が控除され、本来10万円の課税所得にかかるべき1.5万円の税金を支払う必要がなくなるのです。

また、イデコは運用先を自分で選択するのですが、「銀行定期預金」を選択すると元本確保になります。そのため「元本確保の100%再現できる利回り15%の投資」といえるのです。

今の世の中でこれだけの高利回りでしかも元本確保の投資などは見かけたことがないので、資産運用や投資という観点で見てみるととても良いものだと思います。

ただし、個人事業主としてイデコに加入した後で法人を設立して役員報酬を受け取る場合には、自営業(第1号被保険者)から会社員(第2号被保険者)への変更手続きが必要となります。また、もし法人として企業型確定拠出年金に加入する場合には、その手続きも必要となります。

なお、個人事業主が入るイデコ(「個人型」確定拠出年金)の場合だと年間81.6万円(月額6.8万円)を上限に掛けることができますが、法人設立後に会社員(第2号被保険者)としてイデコを続ける場合には掛け金が年間27.6万円(月額2.3万円)と少額になってしまうのが難点ではあります。

また、法人として「企業型確定拠出年金制度」に加入する場合、掛け金の費用負担は会社側となり、個人の確定申告の際に所得から控除できなくなりますのでご注意ください。

なお、個人事業主が入るイデコ(「個人型」確定拠出年金)の場合だと年間81.6万円(月額6.8万円)を上限に掛けることができますが、法人設立後に会社員(第2号被保険者)としてイデコを続ける場合には掛け金が年間27.6万円(月額2.3万円)と少額になってしまうのが難点ではあります。

その他、どちらの確定拠出年金にも2点の注意点があります。
・原則として60歳までは積立を引き出して受け取ることができない
・受け取るためには特定の期間以上の積立が必要

この特定期間のことを通算加入者等期間といい、たとえば60歳から受け取りをする場合に必要な期間は、個人型・企業型確定拠出年金の通算で10年間以上となります。とはいえ、65歳からの受け取りであれば1ヵ月以上の加入期間でいいので受け取りができなくなることはありません。その点は安心できるのではないかと思います。

この特定期間のことを通算加入者等期間といい、たとえば60歳から受け取りをする場合に必要な期間は、個人型・企業型確定拠出年金の通算で10年間以上となります。とはいえ、65歳からの受け取りであれば1ヵ月以上の加入期間でいいので受け取りができなくなることはありません。その点は安心できるのではないかと思います。

イデコは個人事業主として加入しても、法人設立後会社員として加入してもある程度自由に掛け金を変更できる仕組みになっているので、その時々の資産状況に合わせて上手に掛け金を調整して老後の生活をより豊かにするための準備を始めましょう。