MONTH

0年0月

不動産購入時の建物価格の調整

個人での減価償却のやりすぎに注意 消費税還付または減価償却の節税効果を高めるためには「建物価格」が重要になってきます。 物件は、土地と建物部分に分かれますが、そのうち消費税がかかるのも、減価償却ができるのも「建物」部分になります。そのため、建物価格をいくらにするかは非常に重要です。 最近7100万円の築30年の木造アパートを土地付きで購入した友人の例でご説明します。築古物件で法廷耐用年数を超えてい […]

不動産投資で中間省略取引をする仲介業者は危険?

悪徳仲介業者のやり口を暴く 従来の不動産売買取引では、「売主」と「買主」の間で売買契約を締結しますが、中間省略取引では、売主と買主との間に仲介業者を一度通して売買契約をする形になります。 取引の仕組みは、「「仲介業者」は代金完済までに所有権の移転先を指定し、「売主」は「仲介業者」の指定する者に所有権を直接移転する」という特約付きで「売主」と「仲介業者」間で売買契約を締結します。 次に、「仲介業者」 […]